包茎手術の失敗について - 本当にあった包茎手術の失敗談

包茎手術の失敗について

包茎手術は失敗することがあります。
典型的な失敗例は、手術痕が残ってしまった、というケースでしょう。
原因はいたってシンプルで、医師の技術不足です。

このような包茎手術の失敗を避けるには、どのような方法が挙げられるでしょうか?
やはり、信頼できる技術を持った医師に執刀してもらうことですよね。
ではどうやったら信頼できる技術を持った医師に執刀してもらえるでしょうか?
それはやはり、包茎手術の専門である泌尿器科医に相談することです。

よく包茎手術を美容外科で受けようとする人がいますが、これは根本的な間違いです。
美容外科というのは自由診療の専門家です。
自由診療とは病気や疾患の治療ではなく、主に見た目のために行う肉体改造です。
治療として行われる医療行為ではありませんので、健康保険も適用外となります。

よく美容外科クリニックの広告で「包茎手術を格安で」などと謳っていますが、あれはある種の悪徳商法なのです。
包茎手術というのは「包茎を治療するために行われる手術」であり、包茎でない人が見た目を変化させるために行われる手術は包茎手術ではありません。
ちなみにいわゆる仮性包茎というものは医学的に包茎でも何でもありません。
哺乳類のオスはほとんどが仮性包茎です。
そんな正常な状態のペニスから包皮を除去してしまえば性感帯を失うこともあります。
不必要な不安をあおりながらリスクとデメリットしかない手術を受けさせようとする、悪質な行為と言えるでしょう。

つまり包茎手術で失敗したくなければ、まず泌尿器科に相談することです。
それでも失敗がないとは言えませんが、美容外科に相談するよりも格段に安全で安く済みます。